京都大学大学院 農学研究科 農学専攻 品質科学講座
 品質評価学分野  
  Laboratory of Quality Analysis and Assessment

トップページ  研究テーマ  メンバー  学会活動  最近の発表  アルバム  卒業生の進路  アクセス  お問い合わせ
最近の発表

最近の主な研究業績

原著論文
Effects of enzymatic deamidation by protein-glutaminase on structure and functional properties of wheat gluten.
Yong Y-H, Yamaguch S and Matsumura Y (2006)
J. Agric. Food Chem., 54(16), 6034-6040
Effects of oil-soluble emulsifiers on solidification of thermally treated creams.
Mutoh T, Kubouchi H, Noda M, Shiinoki Y and Matsumura Y (2007)
International Dairy Journal, 17, 24-28
L-theanine elicits an umami taste with inosine 5'-monophosphate.
Narukawa M, Morita K, Hayashi Y.(2008)
Biosci Biotechnol Biochem., 72(11):3015-3017.
Characterization of umami receptor and coupling G protein in mouse taste cells.
Narukawa M, Kitagawa-Iseki K, Oike H, Abe K, Mori T, Hayashi Y.(2008)
Neuroreport., 19(12),1169-1173.
Hydrocolloids from leaves of corchorus olitorius and its synergistic effect on carageenan gel strength.
Yamazaki E, Kurita O and Matsumura Y (2008)
Food Hydrocoll., 22, 819-825
Comparison of Pectins from the Alcohol-insoluble Residue of Japanese Pepper (Zanthoxylum piperitum DC.) Fruit, a Major By-product of Antioxidant Extraction
E. Yamazaki, T. Fujiwara, O. Kurita, J. Ikeda and Y. Matsumura (2008)
Food Science and Technology Research, 14(1), 18-24
Adsorption and structural change of β-lactoglobulin at diacylglycerol-water interface..
Sakuno M.M, Matsumoto S, Kawai S, Koseki T and Matsumura Y(2008)
Langmuir, 24, 11483-11488
Antioxidant activity of some protein hydrolyzates and their fractions with different isoelectric points.
Park E.Y, Morimae M,Matsumura Y, Nakamura Y and Sato K (2008)
J. Agric. Food Chem, 56,9246-9251
Disaggregation and reaggregation of gluten proteins by sodium choloride.
Ukai T, Matsumura Y and Urade R (2008)
J. Agric. Food Chem, 56, 1122-1130
Umami changes intracellular Ca2+ levels using intracellular and extracellular sources in mouse taste receptor cells.
Narukawa M, Mori T, Hayashi Y.(2008)
Biosci Biotechnol Biochem., 70(11):2613-2619.
High viscosity of hydrocolloid from leaves of Corchorus olitorius L.
Yamazaki E, Kurita O and Matsumura Y (2009)
Food Hydrocoll., 23, 655-660
Change of Taste Sensitivity to sucrose due to physical fatigue.
Narukawa M, Ue H., Morita K., Kuga S. Isaka T. And Hayashi Y. (2009)
Food Science and Technology Research, 15(2), 195-198
Rennet-induced aggregation and curd formation from skimmed milk powders prepared under different sterilizing conditions
Y. Miyamoto, K. Matsumiya, H. Kubouchi, M. Noda, K. Nishimura and Y. Matsumura (2009)
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 73(9), 2054-2064
Signalling mechanisms in mouse bitter responsive taste cells
M. Narukawa, E. Minamisawa, Y. Hayashi (2009)
NeuroReport, 20(10), 936-940
Effects of heating conditions on physicochemical properties of skim milk powder during production process
Y. Miyamoto, K. Matsumiya, H. Kubouchi, M. Noda, K. Nishimura and Y. Matsumura (2009)
Food Science and Technology Research, 15(6), pp.631-638
Characterization and Functional Properties of Sub-Fractions of Soluble Soybean Polysaccharides
Jun Li, Shinya Matsumoto, Akihiro Nakamura, Hirokazu Maeda and Yasuki Matsumura (2009)
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, (73)12, 2568-2575
Effects of bacteriostatic emulsifiers on stability of milk-based emulsions
K. Matsumiya, W. Takahashi, T. Inoue, Y. Matsumura (2010)
Journal of Food Engineering, 96, 185-191
Carbohydrate Moieties Contribute Significantly to the Physicochemical Properties of French Bean 7S Globulin Phaseolin
Aiko Kimura, Mary Rose G. Tandang-Silvas, Takako Fukuda, Cerrone Cabanos, Yasuhiro Takegawa, Maho Amano, Shin-Ichiro Nishimura, Yasuki Matsumura, Shigeru Utsumi and Nobuyuki Maruyama (2010)
J. Agric. Food Chem., 58 (5), 2923-2930
Influence of Prolonged Exercise on Sweet Taste
Narukawa M., Ue H., Uemura M., Morita K., Kuga S., Isaka T., and Hayashi Y. (2010)
Food Sci. Technol. Res., 16(5), 513-516
Suppression of Sourness by Theanine
Narukawa M., Sasaki S., Kimata H., Watanabe T., and Hayashi Y. (2010)
Food Sci. Technol. Res., 16(5), 487-492
Composition, anti-filamentous Candida activity and radical scavenging activity of hydrosols of Lavandula angustifolia cv. Okamurasaki cultivated in Akita, Japan
Inouye, S., Takahashi, M., Sato, Y., Tomi, K., Matsumura, Y. and Abe, S. (2010)
International Journal of Essential Oil Therapeutics, 4, 59-63
Destabilization of protein-based emulsions by diglycerol esters of fatty acids
- The importance of chain length similarity between dispersed oil molecules and fatty acid residues of the emulsifier

K. Matsumiya, K. Nakanishi, Y. Matsumura (2011)
Food Hydrocolloids, 25(4), 773-780
Nerve and Behavioral Responses of Mice to Various Umami Substances
Narukawa, M., Morita, K., Uemura, M., Kitada, R., Oh, SH., and Hayashi, Y (2011)
Biosci. Biotech. Biochem., 75 (11), 2125-2131
Relationships between lavender aroma components and aromacholory effect
Tomi, K., Fushiki, T., Murakami , H., Matsumura, Y., Hayashi, T. and Yazawa, S. (2011)
Acta Hort. (ISHS) 925:299-306
Effects of Peptide Fractions with Different Isoelectric Points from Wheat Gluten Hydrolysates on Lipid Oxidation in Pork Meat Patties
Park, EY., Imazu, H., Matsumura, Y., Nakamura, Y. and Sato, K.(2012)
J. Agric. Food Chem., 60 (30), 7483-7488
Transdermal administration of lactoferrin with sophorolipid
Ishii, N, Kobayashi, T, Matsumiya, K, Ryu, M, Hirata, Y, Matsumura, Y, Suzuki, YA(2012)
Biochem Cell Biol., 90 (3), 504-12
ジェランガムのゲル化に与えるカルシウム濃度と冷却速度の影響
窪孝雄、藤田尚孝、南部優子、松村康生 (2012)
日本食品科学工学会誌、59(11)、545-555
Effects of Amino Acids and Peptide on Lipid Oxidation in Emulsion Systems
Park, EY., Nakamura, Y., Sato K., and Matsumura, Y.(2012)
Journal of the American oil chemists' society, 89(3), 477-484
Evaluation of long-term stability of milk beverages by a novel method for rapid determination of aggregation forces between colloidal particles
Matsumiya, K., Inoue, T., Niida, J., Katagiri, T., Nishizu, T., & Matsumura, Y.(2013)
Food Hydrocolloids, article in press
Stabilization of milk protein dispersion by soybean soluble polysaccharide under acidic pH conditions
Nobuhara, T.*, Matsumiya, K.*, Nambu, Y., Nakamura, A., Fujii, N. & Matsumura, Y. (2013) <*Double first author.>
Food Hydrocolloids, article in press
各種うま味物質の味強度・味質と核酸物質との相乗効果の評価
森田香菜子、成川真隆、林由佳子(2006)
日本味と匂学会誌、13(3)、319-322
マウスのα-gustducin発現味細胞におけるデナトニウム刺激による細胞内カルシウム変化
南澤英子、成川真隆、林由佳子(2006)
日本味と匂学会誌、13(3)、313-316
うま味応答を示す味細胞におけるα-gustducinの発現
成川真隆、林由佳子(2006)
日本味と匂学会誌、13(3)、317-318
グルコン酸塩の味修飾に対する生理学的・行動学的解析
林由佳子、中野香織、宮本菜里、澤野祥子(2006)
日本味と匂学会誌、13(3)、323-326
塩味阻害剤アミロライドがヒトのうま味認識に与える影響
森田香菜子、成川真隆、林由佳子(2007)
日本味と匂学会誌、14(3)、349-352
金属キレート作用を持つフィチン酸塩と飼料の同時摂取が苦味感受性に及ぼす影響
谷口友朗、成川真隆、黄元重、吉村剛、松村康生、林由佳子(2007)
日本味と匂学会誌、14(3)、353-356
ミントおよびラベンダー生葉の香気分析と自律神経活動への影響の解析
色川慶信、富研一、林由佳子、林孝洋、矢澤進、森村あかね、矢崎晴子、伏木亨、松村康生(2007)
日本味と匂学会誌、14(3)、523-526
運動性疲労が味覚感受性に及ぼす影響の検討
植村 真秀、成川 真隆、森田 香菜子、上英俊、松村康生、林由佳子(2008)
日本味と匂学会誌、15(3)、309-312
緑茶成分L-theanineの味覚特性の解析
成川真隆、森田香菜子、林由佳子(2008)
日本味と匂学会誌、15(3)、475-478
絶食条件下の線虫における CD36 ホモログの発現解析
松本晋也、加藤康介、松村康生(2008)
日本味と匂学会誌、15(3)、353-356
味細胞におけるカフェイン味刺激伝達経路の解析
藤戸洋聡、谷口友朗、北田亮、呉性姫、松村康生、林由佳子(2009)
日本味と匂学会誌、16(3)、331-334
陸上トレーニング合宿における運動性疲労が味覚感受性におよぼす影響
植村真秀、上英俊、空閑佐智子、伊坂忠夫、松村康生、林由佳子(2009)
日本味と匂学会誌、16(3)、459-462
長時間の運動が苦味感受性に与える影響
成川真隆、上英俊、植村真秀、林由佳子(2009)
日本味と匂学会誌、16(3)、463-464
味細胞タイプ別のカフェイン味刺激伝達経路の解析
北田亮、藤戸洋聡、呉性姫、林由佳子(2010)
日本味と匂学会誌、17(3)、237-240
ウーロン茶の口腔内油脂浄化作用に関する研究
村絵美、永井元、松宮健太郎、松村康生、林由佳子(2010)
日本味と匂学会誌、17(3)、323-326
甘味および苦味物質へのグルコン酸カリウム・カルシウムの呈味修飾効果の解析
辻谷知子、林由佳子(2010)
日本味と匂学会誌、17(3)、335-338
テアニンによる呈味改善効果
林由佳子、成川真隆、佐々木翔、木全博宜、渡辺達夫(2010)
日本味と匂学会誌、17(3)、339-342
口腔内の油脂残存感低下に関わるウーロン茶の有効成分の検討
木崎諭希、村絵美、永井元、呉性姫、松宮健太郎、松村康生、林由佳子(2011)
日本味と匂学会誌、18(3)、401-404
苦味受容体T2R16の大量調製条件の検討
佐藤創平、藤戸洋聡、水谷公彦、三上文三、岩田想、前橋健二、伊井野貴史、堀江健二、金武祚、松村康生、林由佳子(2011)
日本味と匂学会誌、18(3)、195-198
酸味物質とATPは異なる味細胞で受容される
北田亮、松村成暢、呉性姫、林由佳子(2011)
日本味と匂学会誌、18(3)、219-222
苦味受容体T2R16の大量精製法の確立
佐藤創平、藤戸洋聡、水谷公彦、三上文三、岩田想、前橋健二、伊井野貴史、堀江健二、金武祚、松村康生、林由佳子(2012)
日本味と匂学会誌、19(3)、287-290
亜鉛欠乏がマウスの味覚受容に及ぼす影響
川嶋朋子、成川真隆、林由佳子(2012)
日本味と匂学会誌、19(3)、325-328
総説
食品エマルションの界面領域が食品の品質に与える影響
松宮健太郎(2008)
日本味と匂学会誌, 15(3), 267-270
油脂のおいしさと脂肪代替物の利用.
松宮健太郎、松村康生(2009)
日本味と匂学会誌, 16(1), 69-76
食品分野における統計処理 -データの本質を知る-
松宮健太郎、松村康生(2009)
食品加工技術, 20(2), 65-73
乳化食品に求められる新しい機能 -加工上の課題を克服する-
松村康生、松宮健太郎(2009)
食品工業, 52(20), 20-29
食品エマルションの油脂結晶化による不安定化
松村康生、武藤高明(2010)
日本結晶成長学会誌, 37(1), 15-24
食品分散系の品質 -安定性・物性に及ぼす加工条件の影響
松村康生、松宮健太郎、宮本有香(2010)
日本調理科学会誌, 43(3), 206-212
書籍
食品エマルションにおける乳化剤と高分子の働き.
松村康生(2006)
新しい分散・乳化の科学と応用の新展開(監修:古澤邦夫、株式会社テクノシステム、東京).454-461
8-2-1 種子成分と食品機能性・概論
松村康生(2009)
種子の科学とバイオテクノロジー(監修:原田久也、学会出版センター、東京).294-295
穀類およびデンプン素材微粒子の特性解析
松村康生(2009)
フードナノテクノロジー(監修:中嶋光敏・杉山滋、シーエムシー出版、東京).195-201
4.2.2.2.2 加工機能特性
中村卓、松村康生、内海成(2010)
大豆のすべて(編集:喜多村啓介、サイエンスフォーラム、東京).121-126
液状乳化系食品−界面化学の基礎と乳化過程[I]、高分子−タンパク質
松村康生(2011)
食品の界面制御技術と応用―開発現場と研究最前線を繋ぐ(監修:松村康生、松宮健太郎、小川晃弘、シーエムシー出版、東京).1-11、105-114
液状乳化系食品−界面化学の基礎と乳化過程[II]
松宮健太郎(2011)
食品の界面制御技術と応用―開発現場と研究最前線を繋ぐ(監修:松村康生、松宮健太郎、小川晃弘、シーエムシー出版、東京).12-31
Protein-Peptides as Emulsifying Agents
Yasuki Matsumura & Kentaro Matsumiya (2012)
Food Proteins and Peptides: Chemistry, Functionality, Interactions, and Commercialization (CRC press, Boca raton, FL, USA), 125-150


最近の学会発表
日本農芸化学会
ジアシルグリセロール-水界面におけるβ-ラクトグロブリンの吸着挙動
松村康生、作野ミリアンマヤ
日本農芸化学会2006年度大会(京都大学および京都女子大学;2006年3月)
タンパク質の二次構造と熱変性に及ぼすリゾレシチンの添加効果
王昊、松村康生
日本農芸化学会2006年度大会(京都大学および京都女子大学;2006年3月)
α-gustducinのうま味応答への関与の検討
成川真隆、林由佳子
日本農芸化学会2006年度大会(京都大学および京都女子大学;2006年3月)
マウス味細胞におけるデナトニウム刺激による細胞内カルシウム変化
南澤英子、林由佳子
日本農芸化学会2006年度大会(京都大学および京都女子大学;2006年3月)
各種うま味物質の味質・味強度と相乗効果作用
森田香菜子、成川真隆、林由佳子
日本農芸化学会2006年度大会(京都大学および京都女子大学;2006年3月)
グルコン酸が各種味質に与える影響
宮本菜里、中野香織、林由佳子
日本農芸化学会2006年度大会(京都大学および京都女子大学;2006年3月)
大豆タンパク質のゲル化挙動に及ぼす水溶性大豆多糖類の影響
李俊、八川 尚広、服部友美、前田祐一、河野光登、中村彰宏、松村康生
日本農芸化学会2006年度大会(京都大学および京都女子大学;2006年3月)
線虫の脂質蓄積に関するCD36ホモログの分子遺伝学的機能解析
山口修次郎、麻生知子、磯部和宏、相馬顕子、松本晋也、松村康生
日本農芸化学会2006年度大会(京都大学および京都女子大学;2006年3月)
L-型からD-型アスパラギン酸への変換がペプチドの二次構造に及ぼす影響
水谷由記子、松本晋也、服部友美、松村康生
日本農芸化学会2006年度大会(京都大学および京都女子大学;2006年3月)
線虫におけるCD36ホモログの発現パターンの検討
磯部和宏、山口修次郎、相馬顕子、松本晋也、松村康生
日本農芸化学会2006年度大会(京都大学および京都女子大学;2006年3月)
線虫におけるCD36ホモログの機能解析
磯部和宏、荒木直生、山口修次郎、松本晋也、松村康生
日本農芸化学会2007年度大会(東京農業大学;2007年3月)
フィチン酸塩の経口摂取が味覚感受性に及ぼす影響
谷口友朗、成川真隆、黄元重、吉村剛、松村康生、林由佳子
日本農芸化学会2007年度大会(東京農業大学;2007年3月)
絶食条件下の線虫におけるCD36ホモログの発現解析
加藤康介、荒木直生、磯部和宏、松本晋也、松村康生
日本農芸化学会2008年度大会(名城大学;2008年3月)
マウスの各種うま味物質に対する応答特性
植村真秀、森田香菜子、成川真隆、林由佳子
日本農芸化学会2008年度大会(名城大学;2008年3月)
絶食条件下の線虫におけるCD36ホモログの機能解析
加藤康介、西嶋祥、松本晋也、松村康生
日本農芸化学会2009年度大会(マリンメッセ福岡;2009年3月)
酸化ストレス耐性に対するCD36の機能解析
西嶋 祥、加藤 康介、松本 晋也、松村 康生
日本農芸化学会2009年度大会(マリンメッセ福岡;2009年3月)
酸化ストレス耐性に対するCD36の機能解析
西嶋 祥、加藤 康介、松本 晋也、松村 康生
日本農芸化学会2009年度大会(マリンメッセ福岡;2009年3月)
製造工程における乾燥条件の違いがパスタに与える影響 I.微細構造
西嶋祥、隈丸潤、松宮健太郎、林由佳子、松村康生
日本農芸化学会2010年度大会(東京大学駒場キャンパス;2010年3月)
製造工程における乾燥条件の違いがパスタに与える影響 II.タンパク質変性
西嶋祥、隈丸潤、松宮健太郎、林由佳子、松村康生
日本農芸化学会2010年度大会(東京大学;2010年3月)
ヒト苦味受容体(hTAS2R16)の酵母を用いた発現系構築
藤戸洋聡、水谷公彦、前橋健二、三上文三、岩田想、松村康生、林由佳子
日本農芸化学会2010年度大会(東京大学;2010年3月)
酵母を宿主とした活性型ミラクリンの発現系構築
伊藤圭祐、菅原大嗣、古泉文子、林由佳子、三坂巧、岩田想、小林拓也、阿部啓子
日本農芸化学会2010年度大会(東京大学;2010年3月)
ヒト・マウスの運動直後における甘味感受性変化の解析
植村真秀、上英俊、成川真隆、松村康生、林由佳子
日本農芸化学会2010年度大会(東京大学;2010年3月)
殺菌条件の異なる脱脂粉乳のレンネットによるカード形成性メカニズムについて
宮本有香、松宮健太郎、久保内宏晶、野田正幸、西村公雄、松村康生
日本農芸化学会2010年度大会(東京大学;2010年3月)
苦味を制御する鶏卵抗体の作製とその評価
佐藤創平、藤戸洋聡、水谷公彦、三上文三、伏木亨、前橋健二、伊井野貴史、堀江健二、金武祚、松村康生、林由佳子
日本農芸化学会2011年度大会(京都大学;2011年3月)
ウーロン茶による口腔内の油脂残存感低下に関わる要因
木崎諭希、村絵美、永井元、松宮健太郎、松村康生、林由佳子
日本農芸化学会2011年度大会(京都大学;2011年3月)
味細胞タイプ別のカフェイン味刺激伝達経路の解析
北田亮、呉性姫、林由佳子
日本農芸化学会2011年度大会(京都大学;2011年3月)
冬小麦と春小麦由来のグルテン特性の比較
森本友規、松宮健太郎、大村雅人、林由佳子、松村康生
日本農芸化学会2011年度大会(京都大学;2011年3月)
乾燥条件の違いがパスタのデンプンに与える影響
大村雅人、西嶋祥、松宮健太郎、林由佳子、松村康生
日本農芸化学会2011年度大会(京都大学;2011年3月)
乾燥条件の違いがパスタのタンパク質に与える影響
西嶋祥、大村雅人、松宮健太郎、林由佳子、松村康生
日本農芸化学会2011年度大会(京都大学;2011年3月)
粒子径の異なる米粉ペーストの加熱による物性変化
下間早織、松宮健太郎、奥野勇樹、南部優子、岡留博司、Md. Sharif Hossen、松村康生
2011年度日本農芸化学会関西・中部支部合同大会(京都大学;2011年10月)
クリームの熱処理が脂肪球やタンパク質に与える影響
堀口早苗、西村公雄、松宮健太郎、小杉達也、野田正幸、武藤高明、松村康生
2011年度日本農芸化学会関西・中部支部合同大会(京都大学;2011年10月)
パスタの製造工程および乾燥条件の違いがデンプンに与える影響
大村雅人、松宮健太郎、林由佳子、松村康生
日本農芸化学会2012年度大会(京都女子大学;2012年3月)
ミキシング中の小麦粉生地に発生するフリーラジカルのESR法による解析
加地俊紀、松宮健太郎、松宮知子、隈丸潤、大村雅人、松村康生
日本農芸化学会2012年度大会(京都女子大学;2012年3月)
ナノサイズ粒子ビタミンEの小腸における吸収機構の解析
室田佳恵子、村上陽子、菅田望、原田聖也、大久保剛、伊佐治知也、河田照雄、寺尾純二、松村康生
日本農芸化学会2012年度大会(京都女子大学;2012年3月)
亜鉛の欠乏により生じる味覚の変化についての解析
川嶋朋子、辻谷知子、呉性姫、林由佳子
日本農芸化学会2012年度大会(京都女子大学;2012年3月)
マウス味細胞における酸味物質およびATPの受容機構の解析
北田亮、松村成暢、呉性姫、林由佳子
日本農芸化学会2012年度大会(京都女子大学;2012年3月)
飲料による口腔内油脂残存感の解析
林由佳子、木崎諭希、村絵美、呉性姫、松宮健太郎、松村康生、永井元
日本農芸化学会2012年度大会(京都女子大学;2012年3月)
 
小麦澱粉の糊化・老化に及ぼすヒドロキシプロピル化タピオカ澱粉添加の影響
鳥井昭良、松宮健太郎、林由佳子、入江謙太朗、松村康生
日本農芸化学会2013年度大会(東北大学;2013年3月)
 
苦味受容体hT2R16に対する鶏卵抗体の作製およびその特性評価
佐藤創平、藤戸洋聡、水谷公彦、三上文三、伏木亨、前橋健二、山下裕輔、伊井野貴史、堀江健二、金武祚、松村康生、林由佳子
日本農芸化学会2013年度大会(東北大学;2013年3月)
 
トマト加工・調理条件がオキソ酸生成に与える影響
江口由、松宮健太郎、水谷由記子、高橋春弥、高橋信之、河田照雄、高橋延行、鈴木達哉、荒武、櫻井望、鈴木秀幸、柴田大輔、松村康生
日本農芸化学会2013年度大会(東北大学;2013年3月)
 
ゼラチンのゲル形成に対するキチンナノファイバー添加の影響
小谷正男、阿部賢太郎、矢野浩之、松宮健太郎、松村康生
日本農芸化学会2013年度大会(東北大学;2013年3月)
 
日本栄養・食糧学会
甘味阻害剤Na-PMPがヒトのうま味認識に与える影響
森田香菜子、成川真隆、林由佳子
第60回日本栄養・食糧学会大会静岡コンベンションセンター・静岡県立大学;2006年5月)
塩味阻害剤アミロライドがヒトのうま味認識に与える影響
成川真隆、森田香菜子、林由佳子
第60回日本栄養・食糧学会大会静岡コンベンションセンター・静岡県立大学;2006年5月)
加熱殺菌条件が脱脂粉乳のコロイド科学的性質に及ぼす影響
宮本有香、松宮健太郎、久保内宏晶、野田正幸、西村公雄、松村康生
第61回日本栄養・食糧学会大会(国立京都国際会館;2007年5月)
日本味と匂学会
各種うま味物質の味強度・味質と核酸物質との相乗効果の評価
森田香菜子、成川真隆、林由佳子
日本味と匂学会第40回記念大会(九州大学;2006年7月)
マウスのα-gustducin発現味細胞におけるデナトニウム刺激による細胞内カルシウム変化
南澤英子、成川真隆、林由佳子
日本味と匂学会第40回記念大会(九州大学;2006年7月)
うま味応答を示す味細胞におけるα-gustducinの発現
成川真隆、林由佳子
日本味と匂学会第40回記念大会(九州大学;2006年7月)
グルコン酸塩の味修飾に対する生理学的・行動学的解析
林由佳子、中野香織、宮本菜里
日本味と匂学会第40回記念大会(九州大学;2006年7月)
塩味阻害剤アミロライドがヒトのうま味認識に与える影響
森田香菜子、成川真隆、林由佳子
日本味と匂学会第41回大会(タワーホール船堀;2007年7月)
金属キレート作用を持つフィチン酸塩と飼料の同時摂取が苦味感受性に及ぼす影響
谷口友朗、成川真隆、黄元重、吉村剛、松村康生、林由佳子
日本味と匂学会第41回大会(タワーホール船堀;2007年7月)
ミントおよびラベンダー生葉の香気分析と自律神経活動への影響の解析
色川慶信、富研一、林由佳子、林孝洋、矢澤進、、森村あかね、矢崎晴子、伏木亨、松村康生
日本味と匂学会第41回大会(タワーホール船堀;2007年7月)
運動性疲労が味覚感受性に及ぼす影響の検討
植村 真秀、成川 真隆、森田 香菜子、上英俊、松村康生、林由佳子
日本味と匂学会第42回大会(富山市民プラザ;2008年9月)
緑茶成分L-theanineの味覚特性の解析
成川真隆、森田香菜子、林由佳子
日本味と匂学会第42回大会(富山市民プラザ;2008年9月)
絶食条件下の線虫における CD36 ホモログの発現解析
松本晋也、加藤康介、松村康生
日本味と匂学会第42回大会(富山市民プラザ;2008年9月)
Influence of the interfacial region of food emulsions on the food quality(シンポジウム講演)
Kentaro Matsumiya
日本味と匂学会第42回大会(富山市民プラザ;2008年9月)
味細胞におけるカフェイン味刺激伝達経路の解析
藤戸洋聡、谷口友朗、北田亮、呉性姫、松村康生、林由佳子
日本味と匂学会第43回大会(旭川市民文化会館;2009年9月)
陸上トレーニング合宿における運動性疲労が味覚感受性におよぼす影響
植村真秀、上英俊、空閑佐智子、伊坂忠夫、松村康生、林由佳子
日本味と匂学会第43回大会(旭川市民文化会館;2009年9月)
長時間の運動が苦味感受性に与える影響
成川真隆、上英俊、植村真秀、林由佳子
日本味と匂学会第43回大会(旭川市民文化会館;2009年9月)
味細胞タイプ別のカフェイン味刺激伝達経路の解析
北田亮、藤戸洋聡、呉性姫、林由佳子
日本味と匂学会第44回大会(北九州国際会議場;2010年9月)
ウーロン茶の口腔内油脂浄化作用に関する研究
村絵美、永井元、松宮健太郎、松村康生、林由佳子
日本味と匂学会第44回大会(北九州国際会議場;2010年9月)
甘味および苦味物質へのグルコン酸カリウム・カルシウムの呈味修飾効果の解析
辻谷知子、林由佳子
日本味と匂学会第44回大会(北九州国際会議場;2010年9月)
テアニンによる呈味改善効果
林由佳子、成川真隆、佐々木翔、木全博宜、渡辺達夫
日本味と匂学会第44回大会(北九州国際会議場;2010年9月)
苦味受容体T2R16 の大量調製条件の検討
佐藤創平、藤戸洋聡、水谷公彦、三上文三、伏木亨、前橋健二、伊井野貴史、堀江健二、金武祚、松村康生、林由佳子
日本味と匂学会第45回大会(石川県立音楽堂;2011年10月)
酸味物質とATP は異なる味細胞で受容される
北田亮、呉性姫、林由佳子
日本味と匂学会第45回大会(石川県立音楽堂;2011年10月)
 
口腔内の油脂残存感低下に関わるウーロン茶の有効成分
木崎諭希、村絵美、永井元、呉性姫、松宮健太郎、松村康生、林由佳子
日本味と匂学会第45回大会(石川県立音楽堂;2011年10月)
 
苦味受容体T2R16の大量精製法の確立
佐藤創平、藤戸洋聡、水谷公彦、三上文三、前橋健二、伊井野貴史、堀江健二、金武祚、松村康生、林由佳子
日本味と匂学会第46回大会(大阪大学コンベンションセンター;2012年10月)
 
亜鉛欠乏がマウスの味覚受容に及ぼす影響
川嶋朋子、成川真隆、林由佳子
日本味と匂学会第46回大会(大阪大学コンベンションセンター;2012年10月)
European Chemoreception Research Organization
Physiological Characterization of G Protein Coupled to Umami Receptors in Mouse Taste Receptor Cells.
M. Narukawa, K. Kitagawa-Iseki, T. Mori, Y. Hayashi
XIV Congress of the European Chemoreception Research Organization (Granada, Spain;September, 2006)
Oolong tea is suitable beverage for fatty foods
Yukako Hayashi, Masahide Uemura, Kentaro Matsumiya, Yasuki Matsumura, Emi Mura, Hajime Nagai
XX Congress of the European Chemoreception Research Organization (Avignon, France;September, 2010)
International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT)
Emulsifying properties of oolong tea
Yukako Hayashi, Yuki Kizaki, Emi Mura, Seong-hee Oh, Kentaro Matsumiya, Yasuki Matsumura and Hajime Nagai
XVI International Symposium on Olfaction and Taste
(Stockholm, Sweden;June, 2012)
 
国際シンポジウム:味覚嗅覚の分子神経機構
 
The effect of zinc deficiency on sour taste perception of mice
Tomoko Kawashima, Masataka Narukawaand Yukako Hayashi
The 11th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception (YR Umami Forum 2013) (Kyushu University; November, 2012)
 
Large-scale purification and the antibody production of bitter taste receptorT2R16
Sohei Sato, Hirotoshi Fujito, Kimihiko Mizutani, Bunzo Mikami, Kenji Maehashi, Takashi Iino, Kenji Horie, Mujo Kim, Yasuki Matsumura and Yukako Hayashi
The 11th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception (YR Umami Forum 2013) (Kyushu University; November, 2012)
 
園芸学会
ニオイゼラニウムの香気成分(Pelargonium spp)-SPME法を用いた香気分析法の検討
林孝洋、田中俊輔、矢澤進、松村康生、畑明莉、村上博、瀬戸栄里、田中康雄、吉田昌弘、岩渕梨沙、宮脇英昭
平成18年度春季大会(千葉大学;2006年3月)
ニオイゼラニウムの香気成分(Pelargonium spp)-ニオイゼラニウムと食品の香気成分の比較
林孝洋、田中俊輔、矢澤進、畑明莉、村上博、瀬戸栄里、松村康生、田中康雄、吉田昌弘、岩渕梨沙、宮脇英昭
平成18年度春季大会(千葉大学;2006年3月)
光質と窒素施肥量がハーブの香気ケモタイプに及ぼす影響
林孝洋、中村美奈子、吉岡侑美、中川正博、神崎真哉、宇都宮直樹、笹岡元信、市ノ木宗次、吉見孝則、島田知浩、富研一、松村康生
平成22年度春季大会(日本大学;2010年3月)
窒素施肥量と紫外線照射がプルピエ(タチスベリヒユ)の有用成分含量に及ぼす影響
北尾麻希子、林孝洋、中川正博、宇都宮直樹、富研一、中村志朗、吉田宗久、笹岡元信、市ノ木宗次、吉見孝則、島田知浩
平成23年度春季大会(宇都宮大学;2011年3月)
トマトの施肥窒素形態の違いが未熟果および赤熟果の香気成分に与える影響
富研一、片岡圭子、松宮健太郎、江口由、村上博、土井元章、松村康生
園芸学会平成23年度秋季大会(岡山大学;2011年9月)
トマトの施肥窒素形態の違いが果実成分に与える影響
江口由、片岡圭子、水谷由記子、松宮健太郎、常見美貴子、村上博、・西嶋祥、松村康生、土井元章
園芸学会平成23年度秋季大会(岡山大学;2011年9月)
The American Oil Chemists' Society
Effects of Soluble Soybean Polysaccharides Addition on Gelling Behavior of Soy Proteins.
Y. Matsumura, J. Lia, M. Kouno, and H. Maeda
98th AOCS Annual Meeting & Expo (Quebec City, Canada;May, 2007)
Adsorption and Structural Change of b-Lactoglobulin at Diacylglycerol- Water Interface
Mirian Maya Sakuno, T. Koseki and Yasuki Matsumura
98th AOCS Annual Meeting & Expo (Quebec City, Canada;May, 2007)
Destabilization of O/W emulsions by the diglycerol ester
K. Matsumiya, Y. Takahashi, K. Nakanishi, N. Dotsu, and Y. Matsumura
98th AOCS Annual Meeting & Expo (Quebec City, Canada;May, 2007)
日本油化学会
小麦生地やグルテンにおけるジグリセリンエステルの物性改変効果
山田浩輔、林由佳子、成川真隆、清水孝朗、中西浩一、道津信夫、松村康生
第45回日本油化学会年会(東京理科大学;2006年9月)
静菌性乳化剤による乳化破壊挙動の解析
松宮健太郎、高橋康明、中西浩一、道津信夫、松村康生
第45回日本油化学会年会(東京理科大学;2006年9月)
エチルエステルの放散挙動に及ぼすタンパク質および油脂の影響
色川慶信、松宮健太郎、作田圭亮、松村康生
第48回日本油化学会年会(名古屋工業大学;2009年9月)
静菌性乳化剤の脂肪酸組成および油脂の種類がエマルションの安定性に与える影響
松宮健太郎、中西浩一、松村康生
第48回日本油化学会年会(名古屋工業大学;2009年9月)
ESR 法による小麦粉生地中の油脂の存在状態の解析
松宮知子、森本友規、加地俊紀、林由佳子、隈丸潤、宮本有香、西村公雄、松村康生
第49回日本油化学会年会(北海道大学;2010年9月)
 
Functional properties of lipophilic proteins fractionated from soy protein isolate
Sirison, J., Matsumiya, K., Samoto, M., Hidaka, H., Kouno, M., & Matsumura, Y.
World Congress on Oleo Science & 29th ISF Congress (Arkas Sasebo;2012年9月・10月)
 
Structural changes of bovine lactoferrin by sophorolipids at neutral and acdic pH
Matsumiya, K., Suzuki, Y. A., Hirata,. Y., nambu, Y., & Matsumura, Y.
World Congress on Oleo Science & 29th ISF Congress (Arkas Sasebo;2012年9月・10月)
 
Improvement of functional properties of low-cholesterol egg yolk by phospholipase A2
Sasabe, R., Matsumiya, K., Handa, A., & Matsumura, Y.
World Congress on Oleo Science & 29th ISF Congress (Arkas Sasebo;2012年9月・10月)
 
Emulsion stability and antioxidant activity of protein hydrolysates fractions
Miya, H., Park, E. Y., Matsumura, Y., Matsumiya, K., Nakamura, Y., & Sato, K.
World Congress on Oleo Science & 29th ISF Congress (Arkas Sasebo;2012年9月・10月)
 
Effects of peptide fractions with different isoelectric points from wheat gluten hydrolysates on lipid oxidation in pork meat patties
Park, E. Y., Yamada, S., Matsumura, Y., Nakamura, Y., & Sato, K.
World Congress on Oleo Science & 29th ISF Congress (Arkas Sasebo;2012年9月・10月)
 
日本食品科学工学会
大豆タンパク質の加熱ゲル形成におよぼす水溶性大豆多糖類の添加効果
松村康生、山口ひとみ、林由佳子、前田裕一、河野光登、中村彰宏
日本食品科学工学会第54回大会(中村学園大学;2007年9月)
卵黄LDLの構造および性質に及ぼすPLA2処理の効果
畑明莉、三浦理沙、大西透、松村康生
日本食品科学工学会第54回大会(中村学園大学;2007年9月)
線虫(C. elegans)におけるCD36ホモログの機能解析
磯部和宏、荒木直生、山口修次郎、松本晋也、松村康生
日本食品科学工学会関西支部第39回シンポジウム・研究発表会(京都大学;2007年11月)
静菌乳化剤による乳化破壊メカニズムの解明
松宮健太郎、松村康生
日本食品科学工学会関西支部第39回シンポジウム・研究発表会(京都大学;2007年11月)
食品加工と品質(シンポジウム講演)
松村康生
日本食品科学工学会第55回大会(京都大学;2008年9月)
パン生地の油脂およびタンパク質の蛍光標識による可視化
西辻泰之、林由佳子、隈丸潤、松村康生
日本食品科学工学会第55回大会(京都大学;2008年9月)
パン生地ミキシング過程のタンパク質構造変化の解析
隈丸潤、松本晋也、水谷由記子、西辻泰之、松村康生
日本食品科学工学会第55回大会(京都大学;2008年9月)
粒子サイズの異なる米粉微粒子のコロイド科学的性質とレオロジー特性
山口ひとみ、松宮健太郎、富研一、王昊、松村康生
日本食品科学工学会第55回大会(京都大学;2008年9月)
ジェランガムのゲル化に与える冷却条件の影響
窪孝雄、藤田尚孝、松村康生
日本食品科学工学会第55回大会(京都大学;2008年9月)
加熱殺菌条件が脱脂粉乳のレンネット感受性に及ぼす影響
宮本有香、松宮健太郎、久保内宏晶、野田正幸、西村公雄、松村康生
日本食品科学工学会第55回大会(京都大学;2008年9月)
多糖類により改質された小麦タンパク質の構造解析
濱田桂子、田中克幸、冨田勲、藤上朝生、大塚邦顕、松村康生、林由佳子、水谷由記子
日本食品科学工学会第55回大会(京都大学;2008年9月)
粒子サイズが異なる米粉微粒子の糊化挙動およびβ-アミラーゼによる老化抑制
大塚紘子、山口庄太郎、松永亜希子、山口ひとみ、松村康生
日本食品科学工学会第56回大会(名城大学;2009年9月)
プロテイングルタミナーゼの卵黄成分への反応性および乳化性に及ぼす影響
赤本和人、山口庄太郎、佐藤公彦、松村康生
日本食品科学工学会第56回大会(名城大学;2009年9月)
油脂添加とレストタイムがパン生地に及ぼす影響
森本友規、隈丸潤、松村康生
日本食品科学工学会第56回大会(名城大学;2009年9月)
食品の物性変換と微細構造(シンポジウム講演)
松村康生
日本食品科学工学会第56回大会(名城大学;2009年9月)
新規凝集力評価法による乳飲料長期安定性の迅速評価
松宮健太郎、井上孝司、丹伊田穣寿、片桐孝夫、西津貴久、松村康生
日本食品科学工学会第57回大会(東京農業大学;2010年9月)
小麦粉生地のFront Fluorescence法による蛍光測定 -蛍光スペクトルと生地物性値との関連性-
加地俊紀、松宮健太郎、林由佳子、隈丸潤、松村康生
日本食品科学工学会第57回大会(東京農業大学;2010年9月)
溶媒を用いない新規油脂抽出法開発の試み −静菌性乳化剤の活用−
松宮健太郎、中西浩一、松村康生
日本食品科学工学会第58回大会(東北大学;2011年9月)
蛍光スペクトルによる製パン性予測モデルのパン品質改良剤添加系への適用
堀井美歌、加地俊紀、松宮健太郎、林 由佳子、大村雅人、隈丸 潤、松村康生
日本食品科学工学会第59回大会(藤女子大学;2012年9月)
塩類添加が水溶性大豆多糖類のタンパク質分散安定化能に与える影響
延原達則、松宮健太郎、中村彰宏、藤井名苗、松村康生
日本食品科学工学会第59回大会(藤女子大学;2012年9月)
ペプチド分画物による乳化系食品モデルでの酸化抑制と乳化安定性
宮 遥香、朴 恩榮、松村康生、松宮健太郎、中村考志、佐藤健司
日本食品科学工学会第59回大会(藤女子大学;2012年9月)
日本食品工学会
加振法による分散系粒子の凝集力の評価
松宮健太郎、井上孝司、丹伊田穣寿、松村康生
日本食品工学会第9回(2008年度)年次大会(東京海洋大学;2008年8月)
静菌性乳化剤の構造がエマルションの不安定化に与える影響
松宮健太郎、松村康生
食品工学、構造、物性に関する京都フォーラム(京都テルサ;2008年11月)
エチルエステルの水相から気相への放散におけるβ‐ラクトグロブリン添加の影響―水溶液および油層/水溶液二相系における検討―
色川慶信、松宮健太郎、松村康生
食品工学、構造、物性に関する京都フォーラム(京都テルサ;2008年11月)
酸性乳飲料における水溶性大豆多糖類による タンパク質の分散安定化機構の検討
延原達則, 松宮健太郎, 南部優子, 中村彰宏, 藤井名苗, 松村康生
日本食品工学会第12回(2011年度)年次大会(京都テルサ;2011年8月)
加熱処理が米粉微粒子の分散性とデンプン特性に与える影響
奥野勇樹、松宮健太郎、下間早織、岡留博司、Sharif Md Hossen、松村康生
日本食品工学会第12回(2011年度)年次大会(京都テルサ;2011年8月)
小麦粉生地のFront-Fluorescence法による蛍光測定
加地俊紀、松宮健太郎、大村雅人、林由佳子、隈丸潤、松村康生
日本食品工学会第12回(2011年度)年次大会(京都テルサ;2011年8月)
日本レオロジー学会
異なる起源のゼラチンに対するトランスグルタミナーゼ反応の影響
小谷正男、赤本和人、小寺智博、松村康生
第59回レオロジー討論会(桐生市市民文化会館;2011年10月)
日本食品機械研究会
ミントおよびエアベンダー生葉の香気分析と自律神経活動への影響の解析
富研一、色川慶信、林由佳子、林孝洋、森村あかね、先崎晴子、伏木亨、松村康生
第5回高付加価値食品開発のためのフォーラム(2007年度)(富士教育研修所;2007年9月)
運動性疲労が味覚感受性に与える影響の検討
植村真秀、成川真隆、森田香菜子、上英俊、松村康生、林由佳子
第6回高付加価値食品開発のためのフォーラム(2008年度)(富士教育研修所;2008年9月)
味を改善するための添加物(シンポジウム講演)
林由佳子
第6回高付加価値食品開発のためのフォーラム(2008年度)(富士教育研修所;2008年9月)
香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会
ラベンダー精油の種類および使用法の違いによる揮散香気成分の変化
富研一、林孝洋、矢澤進、村上博、松村康生
第52回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会(東洋大学板倉キャンパス;2008年10月)
京都大学大学院農学研究科シンポジウム
味覚からくるなごみ
林由佳子
京都大学大学院農学研究科シンポジウム(京都大学;2008年11月)
嗅覚、アロマと「なごみ」の世界
富研一
京都大学大学院農学研究科シンポジウム(京都大学;2008年11月)
Food Colloids
Properties of dispersion and paste of fine milled-rice particles
Y. Matsumura, H. Yamaguchi, H. Otsuka, S. Shimotsuma and H. Okadome
The Food Colloids 2010: On the Road from Interfaces to Consumers (Parque de las Ciencias, Granada, Spain)
Destabilization of protein-based emulsions by diglycerol esters of fatty acids
- The importance of chain length similarity between dispersed oil molecules and fatty acids of the emulsifier -
K. Matsumiya, K. Nakanishi, and Y. Matsumura
The Food Colloids 2010: On the Road from Interfaces to Consumers (Parque de las Ciencias, Granada, Spain, March, 2010)
Stabilization of milk protein dispersions by soluble soybean polysaccharides at acidic pH
T. Nobuhara, K. Matsumiya, Y. Nambu, A. Nakamura , N. Fujii & Y. Matsumura
The Food Colloids 2012: Creation and Breakdown of Structures (CPH conference center, Denmark, April, 2012)
A novel method for rapid determination of aggregation forces between colloidal particles
K. Matsumiya, T. Inoue, J. Niida, T. Katagiri, T. Nishizu & Y. Matsumura
The Food Colloids 2012: Creation and Breakdown of Structures (CPH conference center, Denmark, April, 2012)
Hiroshima Forum on Functionality of Lipids
Difference in flavor compound structure affects flavor release from emulsion system
Hiromi Kabata, Kentaro Matsumiya, Keisuke Sakuda, Akihiro Nakamura, Yasuki Matsumura
Hiroshima Forum on Functionality of Lipids (Hiroshima University, March, 2010)
Effects of the similarity between fatty acid composition of bacteriostatic emulsifiers and the oil-phase type on emulsion stability
Kentaro Matsumiya, Koichi Nakanishi, Yasuki Matsumura
Hiroshima Forum on Functionality of Lipids (Hiroshima University, March, 2010)
Mini-symposium on Food Physics and Rheology
 
Molecular mechanism for destabilization of protein-based emulsions by diglycerol esters of fatty acids
Kentaro Matsumiya, Koichi Nakanishi, Yasuki Matsumura
Mini-symposium on Food Physics and Rheology (Kyoto Univiersity, April; 2010)
Aromachology effect of lavender volatiles on human autonomic nerve systems and aroma component analysis
Kenichi Tomi, Takahiro Hayashi, Toru Fushiki, Hiroshi Murakami, Susumu Yazawa, Yasuki Matsumura
Mini-symposium on Food Physics and Rheology (Kyoto Univiersity, April; 2010)
Effect of flavor compound structure on the flavor release from emulsion system
Hiromi Kabata, Kentaro Matsumiya, Keisuke Sakuda, Akihiro Nakamura, Yasuki Matsumura
Mini-symposium on Food Physics and Rheology (Kyoto Univiersity, April; 2010)
Creep analysis of pastes of rice fine particles
Saori Shimotsuma, Hiroko Otsuka, Yasuki Matsumura
Mini-symposium on Food Physics and Rheology (Kyoto Univiersity; April, 2010)
International Society for Horticultural Science
The relationships between Lavender aroma component and Aromachology effect
Kenichi Tomi, Takahiro Hayashi, Toru Fushiki, Hiroshi Murakami, Susumu Yazawa, Yasuki Matsumura
28th International Horticultural Congress (Lisbon, Portugal; Aug, 2010)
Changes in metabolites of Corchorus olitorius during storage -Comprehensive analysis by Orbitrap MS-
Kenichi Tomi, Toshiko Yasunobu, Kumiko Suzuki, Koei Okazaki, Daisuke Shibata, Yasuki Matsumura
28th International Horticultural Congress (Lisbon, Portugal; Aug, 2010)
Pacific Rim Conference on Rheology
Physicochemical and Gelatinization Properties of Rice Fine Particles
Saori Shimotsuma, Hiroko Otsuka, Yasuki Matsumura
5th Pacific Rim Conference on Rheology (Hokkaido University; August, 2010)
Comparison of winter and spring wheat flours - protein composition and rheological properties of wheat flour dough -
Yuki Morimoto, Jun Kumamaru, Kentaro Matsumiya, Yasuki Matsumura
5th Pacific Rim Conference on Rheology (Hokkaido University; August, 2010)
 
日本作物学会
水田転換畑においてダイズ子実の成分・収量に作付体系は影響を及ぼすのか
足立紘一、村田資治、増田太郎、松宮健太郎、稲村達也
日本作物学会第235回講演会明治大学生田キャンパス;2013年3月)

最近の講演活動

精油の分析を理解する
富研一
特別講座(山本淑子アロマセラピストスクール大阪校;2008年9月・10月)
食とレオロジー
松村康生
第7回食品レオロジー講習会 -初心者のための実習と基礎-(英弘精機;2008年11月)
食品中の成分動態と品質
松村康生
平成20年度第2回ちばバイオ交流フォーラム(オークラアカデミアパークホテル;2008年11月)
大豆成分の機能性について
松村康生
日本豆腐協会第33回通常総会(湯本富士屋ホテル;2009年5月)
アロマセラピーの科学と今後の展望
富研一
特別講座(山本淑子アロマセラピストスクール大阪校;2009年9月)
Stability of emulsion and dispersion systems including milk proteins
Yasuki Matsumura and Kentaro Matsumiya
International Seminar on Food Hydrocolloids - Fundamentals and application of hydrocolloids - (Osaka City University; Dec., 2009)
食品の品質を科学する ―加工性やおいしさを決める構造的要因―
松村康生
第17回「食と健康」講演会(社団法人クラブ関東;2009年11月)
食とレオロジー
松村康生
第8回食品レオロジー講習会 ― 初心者のための実習と基礎 ―(東京大学生産技術研究所;2009年11月)
Evaluation of Umami Substances and the Characterization of Umami Receptor and Coupling G Protein
Yukako Hayashi
Taste and Food Acceptance Congress -Chemistry and Molecular biology of Sweet, Bitter and Umami Tastes (Procida, Italy; April, 2010)
精油の化学
富研一
日本アニマルアロマセラピー協会2010年第16回秋期セミナー(飯田橋;2010年11月)
食とレオロジー
松村康生
第9回食品レオロジー講習会 ― 初心者のための実習と基礎 ―(東京大学生産技術研究所;2010年11月)
食品乳化物の安定性を左右する要因と安定性評価
松宮健太郎、松村康生
日本油化学会食品油脂機能構造部会セミナー「油脂含有食品の構造と品質制御(1)」(油脂工業会館9階会議室;2010年12月)
油脂の酸化と抗酸化
松村康生
日本油化学会フレッシュマンセミナーOSAKA(2011)(大阪市立工業研究所;2011年5月)
大豆から創られるもの -伝統・現在・未来-
松村康生
財団法人不二たん白質研究振興財団公開講演会・大豆のはたらきin横浜-食を通して健やかな人生を-(パンパシフィック横浜ベイホテル東急;2011年10月)
食とレオロジー
松村康生
第10 回食品レオロジー講習会 ― 初心者のための実習と基礎 ―(東京大学生産技術研究所;2011年12月)


トップページ  研究テーマ  メンバー  学会活動  最近の発表  アルバム  卒業生の進路  アクセス  お問い合わせ